浮上油&スカム回収スキマー / 油水分離タンク

浮上油&スカム回収スキマー

排水槽に浮遊する浮上油や油膜を連続的に回収・除去する装置。

真空吸引方式を採用しているので優れた自吸性があり、重力分離方式、油分吸着方式を併用しているので低粘度油から高粘度油迄確実な油水分離が出来ます。

用 途
  • 食品排水槽の浮上油回収、スカム回収。
  • 排水処理施設の浮上油回収、スカム回収。
  • 高粘度の動物油、植物油や浮遊物の回収。
  • 排水槽の油膜除去。
特 徴
  • 真空吸引式の採用により優れた自吸性があります。
  • スキマーは当社の自動潜水機構の採用で吸引口での詰まりはありません。
  • スキマーは液面変動に追従します。
  • 真空吸引式ですのでポンプの詰まり・空運転がありません。
スキマーSSV-25
スキマーSSV-40G
外形サイズ/回収原理
スキマーサイズ
回収原理
仕 様
形 式GT-25GT-32GT-40
装置寸法800×1200×1100 (H)800×1200×1100 (H)900×1200×1100(H)
接続ホース径25A32A40A
真空吸引方式空気圧式空気圧式空気圧式
電 源AC200VAC200VAC200V
分離槽容量 200 ℓ容量 200 ℓ容量 220 ℓ
スキマー自動潜水・浮上式自動潜水・浮上式自動潜水・浮上式
消費電力0.2kw0.2kw0.3 kw
空気圧0.35 kg/cm2 以上0.35 kg/cm2 以上3.5 kg/cm2 以上
吸引量10 ~ 15 ℓ/ min10 ~ 15 ℓ/ min15 ~ 20 ℓ/ min
使用温度80℃ (max)80℃ (max)80℃ (max)

油水分離タンク

油水分離タンク

油水分離機能を有する廃液タンク。

含油廃液の水分、油分の境界面を検出する界面センサーの設置により油分のみを排出できる機能を持つ。

排出された高濃度油分は濃縮液タンクに自動的に移送される。

用 途
  • 含油廃液の油水分離。
  • クーラント液の油水分離。
  • 浮上油回収スキマーと併用する事によって排水槽の浮上油、スカムの除去ができ、管理が簡単。
特 徴
  • 界面センサーの設置により分離油の自動排出ができる。
  • スクリーンが設置されているのでスラッジの分離ができる。
  • ステンレス製で錆の発生がなく耐食性にすぐれている。
  • 電極の設置により電解分離がで、分離能力が高い。
  • オイルパンを標準装備。
仕 様
形  式油水分離タンク濃縮液タンク
装置寸法1500W×800D×900H700W×700D×900H
オイルパン1800W×1100D×150H1000W×1000D×150H
油   種鉱物油・植物油鉱物油・植物油
電   源AC100VAC100V
消費電力0.5kw0.5kw
タンク容量容量 1000 ℓ容量 1000 ℓ
スキマー(オプション) フロート式(オプション) フロート式
浮上油・スカム回収機(オプション) エアー駆動式(オプション) エアー駆動式
空気圧0.4MPa以上0.4MPa以上
使用温度80 ℃ (max)80 ℃ (max)
タイトルとURLをコピーしました