蒸留式廃液濃縮装置

蒸留式濃縮装置 NEW-50

廃液から水分を蒸留してリサイクル水として再利用したり、濃縮液に含まれる有効成分の回収を行う装置。

廃液を減容化すると共に工場排水のクローズ化が可能となります。

用 途
  • 水溶性切削液、水溶性研削液など含油廃液処理
  • 食品廃液
  • 洗浄廃液処理
  • 印刷廃液処理
  • 鍍金廃液処理
  • 高濃度廃水処理

特 徴
  • 液処理のコスト削減ができる。
  • 高温、高粘度、スラッジ含有濃縮液の自動排出機構
  • 排熱利用の省エネ機構
  • 脱臭触媒を標準設置して排気ガスに臭気・煙が出ない。
  • 蒸留式より濃縮率が高い。
  • 熱源として電気ヒーター、スチーム、バーナーから選定できる。
  • ランニングコストが安い。
  • 安全装備の充実
  • 保守・メンテナンスが簡単。
フロー図
仕 様
形 式蒸留能力(ℓ/h)寸法(本体)本体重量(kg)電気仕様加熱方式
NWE-3020~301100D×1050W×1900H6003φ×200V 50/60Hzスチーム
HRS-5030~501100D×1050W×1900H6003φ×200V 50/60Hzスチーム
HRS-10050~1001200D×1250W×2200H9003φ×200V 50/60Hzスチーム
HRS-150100~1501300D×1700W×2200H12003φ×200V 50/60Hzスチーム
HRS-200150~2001300D×2200W×2200H15003φ×200V 50/60Hzスチーム
タイトルとURLをコピーしました